製品一覧

外反母趾対策

ギブスカバー

ギプスシューズ

​サポーター

©2017 SANKEI KANKO Co., Ltd. All Rights Reserved.

商品がありません

商品がありません

project airとは

project air-Videoは、持ち運びができるスマートフォン専用の拡大鏡です。特殊なミラーを通じてスマホ画面のおよそ5倍相当の映像が楽しめます。また、ゲーム専用のproject air-Gameはおよそ2.5倍相当の映像が楽しめます。

project airは2枚の凹凸レンズを使用し歪みのない映像を生み出します。

project air-Videoを使用することで小さなスマホの画面がおよそ5倍相当に見えます。

project airは特殊な凹凸ミラー形状と表面加工により、ブルーライトを軽減したより大きな映像をゆがみなく再現します。目が疲れにくく鮮明な映像を楽しむことができます。

まるで3Dのような映像表現も楽しめる!

project airが使用するガラスには6層もの特殊なコーティングが施されています。この特殊なラミネーテッドラスを2枚組み合わせることで奥行きのある2D映像は3D映像のような効果を楽しむことができます。

※上記は3D映像効果のイメージ画像です。3D映像の見え方には個人差があります。

project airの鍵となるのが高度な光学処理が施された2枚のガラスです。2枚のガラスは歪みを生まないように800度近くまで熱せられ、千分の一ミリメートル単位で加工されます。また、安全性を確保するために飛散防止のためのラミネート加工が施され、目に悪影響を及ぼすブルーライトを軽減する加工も施しています。

 

映像が大きいだけではなく近視リスクも軽減

お子様がスマートフォンを使用することで目が悪くなるのは、使用時間もさることながら画面と目の距離が近いこととが一番の原因です。画面から50cm以上目を離すことが有効だと言われていますが、子どもたちは画面を近くで見たがります。project airがあれば、歪みのない拡大画面を楽しみながら近視リスクの低い1.5m先の映像を見るのと同様の効果が得られます。

project airは空間結像までの距離を1.5m相当確保することで、近視のリスクを軽減します。また、直接スマホを見るよりも視線が20度から30度上に引き上げられるので、スマホを視聴する際の首への負担も軽減されます。

老眼でも動画視聴を楽しみたい!

目には自動的にピントを合わせる働きがありますが、多くの方が40歳頃から目の筋肉が衰え、近くが見えにくくなります。老眼の方がスマートフォンで目が疲れるのは近くを見ようと筋肉が緊張をし続けることが原因です。project airは拡大画像を遠方に結像することで目に大きな負担をかけることなく老眼の方でも動画を楽しむことができます。

1.5m先に5倍の映像を結像することを証明

スイスのジュネーブに本社を置くSGSは、検査、検証、試験、および認証の分野における世界トップレベルの検査機関です。project airは同社のテストにより1.5m先におよそ5倍の映像を空中結像することが証明されました。

世界中の展示会で数多くの賞を受賞

用途に応じて選べる2種類のproject air

project airには動画の視聴に最適なproject air-Videoと、手元操作が可能で拡大率を抑えたproject air-Gameの2種類があります。

近視のお客様へ

テレビやパソコンを視聴される際にメガネやコンタクトレンズを使用されているお客様は、project airを使用なさる際にもメガネやコンタクトレンズが必要となる可能性がございます。また、老眼のお客様は老眼鏡の有無により見え方が異なりますので目がリラックスする方を選択してください。

project air-Gameは横型のみならず縦型でも使用可能!

project air-Gameは手前から画面の操作が可能で、着脱式の持ち手をセットすることでゲームがより操作しやすくなります。

一般的なスマホ拡大鏡との比較

病院における実験レポート

台湾のNaval General Hospitalにおける2つの実験レポートによると、project airを使用することで、子供の近視の進行が緩やかとなり、高齢者はスマートフォンをより快適に使用ができたことが分かりました。

技術の背景にある学術論文

スマートフォンの映像に3D効果を持たせ、より大きく遠方に表示する装置の学術的な技術背景は、2017年12月13日のJournal of American Scienceに「A larger and farther smartphone screen with 3D visual effect」として当製品の製造メーカーであるE-LEAD社のHis-Hsun Chen氏とChung Shan Medical UniversityのShuan-Yu Huang氏、そしてKaohsiung Armed Forced General HospitalのChi-Ting Horng氏との共著で発表されました。

製品のサイズ

※上記はproject air-Videoです。project air-Gameは本体サイズは同一ですがさらに着脱式のハンドルが付属します。

 

カラーバリエーション

カラーは3種類からお選びいただくことが可能です。ブラックとホワイトがつや消しでレッドのみツヤがあります。

取り扱いの経緯について

2014年の設立以来弊社匠の技株式会社は世界中のメーカーとの協業を通じ、消費財から生活雑貨まで、様々な製品の製造販売を行っています。私がproject airと出会ったのが台湾の医療系の展示会です。歪み無しにスマホの画面を鮮明に拡大できることに驚きましたが、台湾でも最大手の自動車パーツメーカーが開発をしたと聞き納得がいきました。その後、製造メーカーの本社を訪問し製品チームとの打ち合わせを通じて、画面を拡大できるというメリットだけでなく近視のリスクを軽減し、老眼の方でも気軽に映像を楽しめると知り今回の取扱に至りました。


製造メーカーについて

project airを製造するのは台湾において自動車の電装製品のシェアがNo.1の上場企業E-LEAD社です。1983年創業の同社は台湾で最も多くの特許を有し、製造する車載用HUDや各種センサー、アクセサリーは世界中の大手自動車メーカー等でも採用されています。こうした高い技術を持った企業が産学連携プロジェクトとして立ち上げたのがこのproject airです。また、同社は病院における臨床試験にも積極的に取り組んできます。

FAQ

Q1: 最大でどれぐらいのサイズのスマートフォンに対応できますか?

A1: ケースサイズは同じですが、project air-Videoには横幅で15.5cm、縦が8.5cm以内、project air-Gameは横幅で16.5cm、縦が9cmのスマートフォンが収まります。

Q2: project air-GameはPlayStation®Vitaにも対応しますか?

A2: project air-Gameは最大で横幅16.5cm、縦9cmの端末に対応しますが、PlayStation®Vitaは横幅がケースサイズを若干超えており、LRボタンは干渉するかと思われます。 Vitaにつきましては、近日中に実物を入れてテスト結果を公開させていただきます!

各製品の購入はこちら

商品がありません

0カート